各部門紹介(看護部のご案内)

看護部は「患者様中心の看護を目指す」ことを理念とし、質の高い看護提供のために教育環境の充実を図り、専門職者としての自己研鑽に努めるとともに、委員会活動を通して日々のケアの改善・接遇改善に取り組んでおります。

当院は急性期から在宅医療・介護まで多岐にわたる部門が有ります。 看護体制の充実については、病棟では急性期病棟(90床)看護師1名が平均して患者様7名を担当する配置とし、 3人夜勤の3交代で行っています。 地域包括病棟(50床)では、看護師、看護補助者と協力しながら、転倒・転落の多い時間帯には時差出勤などを併用して日夜充実した人員の確保に努めております。 また、外来、透析、手術室では、救急医療対応のための緊急時のオンコール体制をひき、夜間・休日も看護の充実を図っております。 「患者様中心の看護を目指す」には、皆様のご意見が必要と思っておりますので、よろず相談コーナーや各階に設置されたご意見箱へ、ご意見・ご要望などをお寄せくだい。    

看護部の理念・方針

1.私達は、人間関係を重んじ、思いやり・おもてなしの心を提供いたします。
   (院外顧客・院内顧客すべての方に)
2.私たちは、地域の医療・福祉と連携を図り、医療・介護への支援及び継続した看護を提供します。
3.私達は、人権を尊重し、品位と誇りを持ってケアを提供します。
4.私達は、専門職として常に看護の本質を研究し、知識・技術の習得に努めます。

看護部の概要


看護職の人数
(2019年度)
看護師107 人
准看護師23 人
補助者30 人
年齢層別人数
【看護師】 (人)
20代 16
30代 26
40代 36
50代 24
60代以上 5
合計 107
【准看護師】(人)
20代 5
30代 5
40代 5
50代 7
60代以上 1
合計 23
【補助者】(人)
20代 1
30代 8
40代 5
50代 7
60代以上 9
合計 30
平均年齢
看護師
准看護師
42.6 歳
41.8 歳
補助者 49.8 歳
所定労働時間
40時間 / 1週間